Skip to main content
ルイジアナ州エイブリー島の TABASCO ブランド・ファクトリー・ツアー & ミュージアムで、等身大の TABASCO ホットソースのボトルと一緒にポーズをとっています
1 / 1
  • 州:
    ルイジアナ州

他の場所では味わえない調味料や料理スタイルを有する、ルイジアナ州のユニークな食文化に飛び込んでみませんか。

ルイジアナ州の料理が世界的に有名なのは誰もが知るところですが、ルイジアナ州の料理を特別なものにする味と材料についてどのくらい知っていますか?象徴的なソースやスパイスブレンド、料理スタイルの多くは、ペリカン州(Pelican State)の文化的なるつぼで作られました。ここの料理人は、さまざまな遺産からお互いにインスピレーションを得ています。ルイジアナ州で最も特色のあるフレーバーを探索し、州の料理を際立たせるスパイスや調味料について学びましょう。

ケイジャンとクレオールの味わい

まず初めに、ルイジアナ州はクレオール料理とケイジャン料理の両方でよく知られています。この 2 つの料理は、混同されて引き合いに出されることがよくありますが、両者は全く異なる風味を持ち、別の文化的ルーツに由来します。クレオール料理は、18 世紀にニューオーリンズで生まれました。この地域に住んでいたフランス人、スペイン人、アフリカ人の伝統的な料理からインスピレーションを得て、複雑なレシピや膨大な食材リストを使った料理が頻繁に作られました。ケイジャン料理は、ルイジアナ州のさらに僻地に定住したアカディア人によって進化しました。赤唐辛子やニンニクなど風味豊かなスパイスと、アンドゥイユやブーダンなどの保存肉やソーセージを多用していることが特徴です。現在では、ルイジアナ州のいたる所でケイジャン料理とクレオール料理の両方が食べられており、州で最も愛されているレシピの多くは、両方の味を組み合わせたものです。

レイクチャールズのシーフードパレスで提供されるケイジャンスタイルのガンボ料理

レイクチャールズのシーフードパレスで提供されるケイジャンスタイルのガンボ料理
詳細を表示

TABASCO ペッパーソース

TABASCO は、今日のマーケットで最も名が知れ渡っているホットソースの 1 つです。ニューアイビーリア近郊のエイブリー島(Avery Island)にある TABASCO ブランド・ファクトリー・ツアー & ミュージアム(TABASCO Brand Factory Tour & Museum)で、このペッパーのブレンドが世界的に有名になった舞台裏をご覧ください。まず、TABASCO ミュージアムで工場の歴史を振り返り、歴史的な展示品を見ることができます。そこからは、温室(Greenhouse)や樽詰めエリア(Barreling Area)、調合ルーム(Blending Room)、ボトル詰めライン(Bottling Line)など、さらに多くの見どころの探索に出発します。ここでは、TABOSCO の製造過程を見学することができます。途中で、TABASCO の独特な風味を可能にしているルイジアナ州地域の地理的特徴を詳しく説明するエイブリー島の体験(Avery Island Experience)もお見逃しなく。1868 レストラン(1868 Restaurant)と地元のシェフが主催する料理教室や実演で TABASCO を味わって、1 日を締めくくりましょう。

エイブリー島の TABASCO ブランド・ファクトリー・ツアー & ミュージアム
詳細を表示

トニーシャースリーズ・オリジナル・クレオール・シーズニング

1905 年、オペルーサスのバイユーの町で、シェフのトニー・チャシェルがスパイスと調味料をとても美味しくブレンドしたことから、地元の人々はトニーをクレオール料理の「オールマスター(Ole Master)」と呼び始めました。今日では、ミスター・トニーズ・カントリー・ストア(Mr. Tony’s Country Store)やギフトショップ、ビジターセンターで、おいしいアレンジを加えたトニーの遺産を味わうことができます。ミスタートニーに関する映画を見ると、トニー自身の人となりや料理の経歴を知ることができ、さらに世界的に有名なトニーのスパイスが今日ではどのように作られているかを、セルフガイドのプロダクションツアーで垣間見ることができます。トニーの有名なスパイスブレンドや調理器具からルイジアナ州の他の企業による地元の商品まで、小売店でのお買い物をお楽しみください。

オペルーサスにあるミスター・トニーズ・カントリー・ストアの調味料や商品の展示

オペルーサスにあるミスター・トニーズ・カントリー・ストアの調味料や商品の展示
詳細を表示

他の味わいも見つけましょう

グルメの宝物はそれだけではありません。ルイジアナ州ならではの特産品を観光客に提供して、この象徴的な味を実際に味わってもらい、地元の伝統に触れてもらうことに特化したトレイルやフェスティバルが、州全体にあります。ニューオーリンズのすぐ西に位置するリバー教区(River Parishes)に向かい、アンドゥイユトレイル(Andouille Trail)を横断して、地元の企業やレストランで、ユニークなポークソーセージを味わってみましょう。ラプレイスの町では、毎年秋にアンドゥイユフェスティバル(Andouille Festival)が開催されます。ホーマにあるバイユー・カントリー・クロウフィッシュ・トレイル(Bayou Country Crawfish Trail)には、およそ 30 ヵ所の立ち寄りスポットがあります。これらのスポットでは、クロウフィッシュのフライのポーボーイ、クロウフィッシュのガンボ、とうもろこしとジャガイモと一緒に茹でたクロウフィッシュなど、想像しうるあらゆる種類の料理が提供されています。季節ごとのお祝いも人気です。ニューオーリンズのクレオール・トマト・フェスティバル(Creole Tomato Festival)やラファイエットのブラックポットフェスティバル & クックオフ(Blackpot Festival & Cookoff)では、ライブミュージック、ローカルフードの屋台、コミュニティの料理コンテストなどと共に、地元の味を楽しむことができます。

ラファイエットで開催されるブラックポットフェスティバル & クックオフのようなイベントでは、ルイジアナ州のコミュニティが一体となって食やレクリエーションを楽しみます

ラファイエットで開催されるブラックポットフェスティバル & クックオフのようなイベントでは、ルイジアナ州のコミュニティが一体となって食やレクリエーションを楽しみます
詳細を表示
Jo Vidrine

アクセス方法

ルイ・アームストロング・ニューオーリンズ国際空港(MSY)に到着したら、レンタカーを借りて、味覚のおもむくまま、どこへでも出かけましょう。

Sojern Image Pixel